鹿児島市のレンタルスペースで店舗を持たないカレー屋さんを開業

  • 2019.01.14

飲食店をすると言えば、まず立ちはだかるのが資金と言うところでしょう。
開業資金に1番お金のかかるところはやはり店舗の敷金礼金、内装費、また厨房用品、フロア内座席、レジスタ、オーディオ機器、、、数えればきりがありませんね。
そこで、賢い人たちは、飲食店などを開業する場合、居抜き物件という、要は、以前飲食店をやっていて、カウンターやら厨房作業台など、ある程度のものが揃った物件を探して借りる、という手法で、開業経費を抑えていました。これは、とても賢く、効率の良い方法だと思います。しかし、すべてのものが揃っているわけではなく、もちろんゼロから始められるわけではありません。ですので、ある程度の資金は必要となってきます。
このある程度の資金がネックになり、夢の自分のお店を諦める人は多いのではないでしょうか。
でも考えてみてください。このように居抜き物件でもある程度の資金と、毎月の家賃はずっと支払わなければなりません。これはやはり生半可な覚悟ではスタートできない、いわばハードルとなるわけですね。しかし、居抜きプラス自分のやりたい時にやり、やめたいときにやめれるんであれば最高だとは思いませんか?
はい、そうです。それを叶えてくれるのがレンタルスペースです。最近では、例えばカレー屋さんがずっとやりたかった、という人がたまの週末に、大きな鍋を持ってレンタルスペースを借りるわけです。さらに前もってSNSで宣伝などをしていると、それはもう簡単なお店の出来上がりです。そう、いとも簡単に自分のお店をオープンすることができるのです!そしてなんと、大まかに言えば、スタートの資金なんて言うと、レンタルスペース代だけでいいのです。
そんなシステムを構築してくれているのが今大流行のレンタルスペースの活用方法なのです。
ある日はカレー屋さん。そしてある日はお好み焼き屋さん。さらにある土曜日はヨガ教室。
なんて風に、もう、そのレンタルスペース自体があらゆるお店に七変化しちゃう、うん、それが現代のそして新しい商売のやり方になっているんです。
これは夢物語ではなく、現にそんなレンタルスペースがたくさんありますからね。
だからお店を始めたい、自分のスキルを試したい、なんて人は、レンタルスペースを借りることにより、いとも簡単に、始めることが出来るのです。
ただし、鹿児島市には、まだそんなレンタルスペースは少ないのが現状です。

そんな中、プライベート空間をゆったり楽しめる場所を発見しました。

立地も最高な鹿児島中央駅から徒歩50秒といったところでしょうか。

昔喫茶店をされていたというサンボさんというところが

2018年から次世代の形でのレンタルスペースを鹿児島市ではいち早くされていますね。

ホームページはこちら→レンタルスペース鹿児島市

元々、空間演出の得意な店主さんの喫茶店は20代、30代のハイセンスな層に人気のお店だったようで、ここの常連さんだったひとで現在はアーティスト業をやられている、といった流れはとても多いらしく、

たどれば、サンボさんだった、という話は私もプライベートでもよく聞いておりましたが実は1度も行ったことはありませんでした。もったいないと後悔しています。


ただ、新たな形で、「お客様が今度は好きなように空間を作ってください」、という提案がまたかっこいいなぁと思いますね。

空間づくりは嫌いじゃない私のちょっとした豆知識的なことをいうと、

空間演出というのは、いくら素敵な家具やらなんやらを持ってきても、

ベースが

すなわち、なにも置いてない状態の様がカッコいくないと、無駄だったりするんですね。

そういった意味では、もう最初っからベースがかっこいいサンボさんのような空間をレンタルすると、空間づくりは最高に楽しいでしょうね。

というか無理に作らなくてもいいんです。

すでにあるかっこいい空間で、

それこそ、いつもの会社の会議とは異なる空間での会議や打ち合わせ

ファミレスでやってた女子会をここで、

ライブや個展、

それこそ週1のカレー屋さんとか

もう、だって元喫茶店ですからね、まさに居抜き。しかもかっくいい!

そうやって、いろんな人が

いろんな可能性を試せる場所、

それが現代のレンタルスペースですね。

そして、そんなレンタルスペースが鹿児島市にあることが嬉しい。

まずはそのことを報告していったん失敬です。

鹿児島市のレンタルスペースは色んな使い道

  • 2019.01.14

レンタルスペースと言えば例えば、会議室とかもしくはギャラリーなどといったレンタルの使い道があるかと思いますが最近では他のあらゆる方法、使い道をされるお客様が増えている、そんなニーズに応え、レンタルスペースを経営している側もあらゆる要望にお応えするべく試行錯誤しているようです。また、やはり首都圏の流行のレンタルスペースの経営方針を参考に、新しい形のスタイルを根付かせる事が地方、強いては鹿児島市の活性化に繋がることを経営陣は十分理解することが今後の課題ではないかと感じています。また、2019年からは消費税増税に伴い、キャッシュレス化が進むことは間違いなく、また、予約システムもAI化することがより望ましい形でしょう。それは経営側はモチロンのこと、利用者も理解し、慣れていく事が今後重要となってくるでしょうね。ただし、こういった時代の流れは、気付けば当たり前になるのがセオリーといいますか 「なるべくしてなる」、というのが適切な表現になってくるかもしれません。空間を演出することに長けている人は、最大限に楽しめるでしょうし、そこまで慣れてない人は、実験、あるいは冒険、といった感覚で楽しめばいい。例えば一人カラオケなんかに似ているかもしれませんね。ある一定時間、自分の思う空間をレンタルするわけですから。それがレンタルスペースの楽しみ方の醍醐味ですね。

鹿児島市の貸しギャラリーを借りる

  • 2019.01.13

鹿児島は芸術性の高い人が多いですね。

それは、芸術性の高い職業が昔から多いことも1つの要因かもしれませんね。

例えば、薩摩切子なんていうのはもう全国でも有名すぎる工芸品ですし、

工芸品でいえば、竹細工など伝統的な製法でいまでも職人さんがいらっしゃいます。

陶芸も盛んで美山の陶芸は地元の人のみならず全国各地から足を運ぶほど有名だったりします。

他にも田中一村などは個人的に大好きですが

そのような絵画など画家で有名な方も多く、

現代美術作家も数多くいらっしゃることでも鹿児島は有名ですね。

奄美の大島紬は最高に美しいし、

島唄などは、沖縄のそれとはまたニュアンスが異なり、哀愁あふれる音楽です。

007のロケ地になった場所もあるほど映画の撮影場所としても。

と、こんなこといいだしたらきりがありませんが

間違いなく芸術性あふれる土壌が昔からあり、

それは現代の人たちにも確実に語り継がれており、

その結果、いまでも鹿児島のアーティストは多いように思います。

アーティストといっても定義はそれぞれですが

すくなからず、客観視しても、アーティストとしてのレベルは高いと思うんですね。

鹿児島ローカルの番組で歴史の長い長寿番組であるナマイキボイスは、

十代女子から働く女性まで幅広い層の鹿児島の女性を中心に支持されている人気番組ですが

そのナマイキボイスでも、アートマーケットと銘打って、

鹿児島市のみならず県内、県外のアーティストさんが参加してのお祭りイベントが毎回大好評となっています。

そんな芸術家が作品を展示する場所も鹿児島市にはあります。

ただ、少ないんですね。

昔からある壺中楽やホワイトギャラリーといった本物の芸術家さんが常に利用できる場所はあれど、やはり、若い子がいきなり個展をひらくなどといった場合は、敷居が高いように思います。

だからこそ、需要があるのはレンタルスペースの利用でしょう。

もう圧倒的にそうだと思います。

とくに声を大にして言いたいのは、

立地のいいレンタルスペースを借りることですね。

まだまだ名の知れてないかたならなおさらです。

やはり、郊外のギャラリーにわざわざ足を運んでまで、という場合は

それだけのアーティストにならなきゃむずかしかです。

だからこそ、中心地の駅チカなどの場所で借りるべきですね。

そうすると案外レンタル代も安かったりするんですよ。

おまけに、鹿児島市であれば、たとえばアミュプラザなど、

とっても人の集まりやすい周辺ですと、

買い物ついでのお客さんも見込めますね。

このように効率のいい考え方も必要です。

そして、それを可能にしてくれているのが

昨今主流のレンタルスペースによる貸しギャラリーの利用ですね。

大体のレンタルギャラリーは、原状回復を条件に、借り手の好きなように空間アレンジができますね。

あとは、もちろんSNSを最大限に利用し、集客する!という

まぁ~便利な世の中になりました。

一昔前には考えられなかった事態ですよ^^

今のアーティストさんには最高の環境だと、

間違いなく思います。

鹿児島市周辺から貸し会議室を検索

  • 2019.01.13

鹿児島市には商業施設などに広めの会議室が何店舗かあるようですね。

また、県民交流センターなどの公共の施設を利用すれば、

レンタル費用もかなり抑えられそうです。

お仕事のお固めな会議であれば、このような施設の利用はおすすめできますが

昨今は、もっと肩の力を抜いた、いつもの会社内での会議とは異なる雰囲気でのミーティングなどがより発想力も高まり、コミュニケーションも豊富になるため、大手企業が取り入れていますね。

会社内での食堂も以前はただ食事を済ませる場所だったものが

最近では、まるでカフェのような雰囲気で社員みながほがらかな気分になるように設計された食堂も多いと聞きますね。

また、オフィス自体も、例えば冬場はこたつを導入したりなんかして、

そのことにより、肩の力が抜け、

発想力も格段に上がるとのデータも!

しかし、こういった社内での取り組みはある程度大きな資金のある会社さんでないと難しいかもしれません。

中小企業や、個人、フリーランスの方々がこのような使い方をできるのは難しいことでありました。

しかし、昨今のレンタルスペースの普及により、

そのような壁が一気に解消されたんですね。

会議や打ち合わせなどというのは、

社員の多い少ないは関係なく、

むしろフリーランスの方々のほうが

打ち合わせ場所を探していたりしますね。

もっといえば、気の利いた場所があればなおさらです。

最近はスマートフォン(SNS)などの普及により、

不特定多数のいる場所での内密な打ち合わせなどは、

セキュリティ面から考えると、とても危険なご時世です。

そんなリスクを少しでも減らせるのが

レンタルスペースの利用です。

レンタルスペースは大抵のところが

利用用途は様々と記載がありますので、

もちろん会議室の利用も大丈夫です。

仕事上、最も大切なのは、生み出す前の打ち合わせなのではないでしょうか。

その貴重な時間をテンションの上がる雰囲気で出来るのなら、言うことなしですね。

この先の時代はそんな風な空間利用がさらに主流になっていくことでしょう。

まずはそんな時代の流れを先取りし、

よりいいお仕事をされてください!

鹿児島のレンタルスペースや会議室

  • 2019.01.12

全国にレンタルスペースが軒並みオープンしている昨今、

鹿児島市でも、徐々にレンタルスペースができつつあります。

新幹線が開通し、鹿児島中央駅前には観光の外国人も多くみられるようになり、

あたらしい鹿児島の街はまさに活気づいております。

さらに商業施設や体育館などもできるようで、

今後はますます大都会になりそうな予感ぷんぷんの鹿児島中央駅周辺、

そんな場所には、一息出来たり、または商売ができたり、いろんな用途が可能な空間の需要があるはずです。

だって首都圏ではすでにたくさんのそのようなスペースがあるのですから。

ですので、今後たくさんのレンタルスペースができるはずの鹿児島市の近況を探ってみようと

このようなサイトを実験的に作ってみました。